2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.15 (Tue)

恐ろしすぎる…原子力発電所

原子力発電、恐ろしすぎます。
私が産まれたくらいに出来た福島原子力発電所。
使用済み核燃料が冷やせず、最悪の事態が続いています。

最悪の事態を免れた号機も、この先、どうなるか…。

使用済み核燃料(燃料棒)を冷やして…冷やすと言っても、水を送り続けて…
安全な状態にするまでには、3~5年かかると言われています。

燃料棒が溶けだして、再臨界という核分裂がふたたび起こり出す可能性も…
核分裂がおこれば、どんどん起こり、チェルノブイリのような、大爆発を起こす可能性がある…



今だけ冷やすのに成功すればいいものでもないし、他にもたくさんの原子力発電所がある。
今、運転を安全のため、停止していても、燃料棒の冷却は、行わなくてはならない。
停止していた4号機なども、今、大変なことになっている。


また、大地震がきたら……



日本には思ったより原子力発電所がたくさんありました。


2007年のデータですが……(※ウィキペディアより…)

31か国中上位5ヶ国

アメリカ : 104基 10,606万kW
フランス : 59基 6,602万kW
日本 : 55基 4,958万kW
ロシア : 27基 2.319万kW
ドイツ : 17基 2,137万kW

こんな小さい国なのに、上位に入っています。海に面しているからと言うこともあるかと思いますが…

危険すぎます。

福島原発は、海水を注入した時点で、廃炉になったようなもの。

それでも、まだ、正常に機能できる原子力発電所がたくさんある。


そして、まだまだ心配なのは、チェルノブイリの事故をうけて、ロシアが、より安全な原子炉を…と
世界に乗り出そうとしていたこと。日本がこうなって、考え方が、かわったかもしれませんが…


もし、もっともっと原子力発電がふえたら…


原子力発電所が全くなくなったら、電力がかなり深刻な状況になるでしょうから、
地震がおさまったら、他のところは、稼働させるに違いない……。


私としては、原子力発電がなくなっても、生活していける電力のレベルに、
人間が、生活の質をかえていかなくては…と思いますが…


どうなるのでしょう…。




(ちがった情報があったら、すみません)
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震 ジャンル : ニュース

18:21  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://guapatti.blog104.fc2.com/tb.php/119-9186b81c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。