2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.07 (Sun)

スライム作りと標本作り

理科・実験&虫・生き物好きの、私と息子。

先日、PVA入りの洗濯のり(100円ショップに売っています)と、塩で、
スーパーボールを作りました。次は……


そして、おととい、やっと、ホウ砂(毒です。薬局にあります。)を買ってきて、スライムを作りました。
PVA入りの洗濯のりと、ホウ砂と、水。あとは、絵の具で色づけします。

DSC09077.jpg

DSC09080.jpg

DSC09088.jpg

ホウ砂は、毒性なので、大人がついて、慎重に扱わねばなりません。

PVA(ポリビニルアルコール)入り洗濯のりは、ホウ砂によって、PVAどうしがくっつき、その中に水が閉じこめられるしくみになります。ゲル化して、なんともいい触感のスライムが出来ます。

でも、服や、じゅうたんなど、あちこちつくとやっかいだから、気をつけなくちゃ。



こちらの本では、実験と、どうしてそうなるかという科学的根拠なども、詳しくのっていて、DVDもついていて、子どもにお勧めです。こちらの本を見て、作りました。



もう一つ、今、作り途中(乾燥中)なのが、息子の「虫の標本」。
こちらは、息子が今年入った、市の講座(年10回)「虫~(なんとかなんとか)」で…。

前日に捕まえた虫でもよかったのですが、うちで飼っていて死んでしまった虫でもよかったので、
死んでしまったアトラスオオカブト(これは、もともと買ったカブト)と、前に見つけて死んでいたけど
とっておいたタマムシを標本にすることにしました。

DSC09057.jpg

死んだ虫を使うときは、かたまっているので、熱湯につけて置いて、柔らかくしてから、標本にするそうです。生きている虫を使うときは、かわいそうだけど、冷凍するか、熱湯につけてから、やるそうです。


ただ、虫を標本にするというだけでなく、どういう意味があるのか、きちんとお勉強してきたみたいで…

いろいろ、虫の命についても、考えられるようになるといいかな…と思います。



実験や、標本作りなど、いろいろやるということを通して、ただやるだけでなくて、その意味と、その先、どう発展させていくのかってことも、子どもが少しでも気づいていくといいなと思います

スポンサーサイト

テーマ : 小学生の子育て♪ ジャンル : 育児

15:09  |  日々のつれづれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://guapatti.blog104.fc2.com/tb.php/154-cb232be2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。